スポンサーリンク



Wワーク・転職まとめ

逃げの転職はあり?|我慢しなくていい!でもするなら知っておきたい3つのこと

投稿日:

逃げの転職はあり?|我慢しなくていい!でもするなら知っておきたい3つのこと

 

「転職したい」と思った時、必ず理由があるはずです。

今の仕事、職場、待遇などに満足していれば「転職したい」とは思わないのが普通ですので、結婚や引っ越しなどのやむを得ない理由が無く、希望として「転職したい」と思った時には、かならず何らかの理由があります。

その理由がポジティブなものであった場合、逃げの転職とは言わないでしょう。

 

 

 

 

スポンサーリンク

その「転職したい」は逃げか、逃げではないか

例えばスキルアップのためや、夢だった海外での仕事を目指すため、などです。

しかし多くの「転職したい」理由になるのはネガティブな理由でしょう。

人間関係に疲れた、給与が低い、サービス残業がしんどい、等、人により様々です。これらのネガティブな理由により転職したいと考えた場合、それは残念ながら「逃げ」の転職となってしまいます。

 

給与が低いは微妙なところではあります。

「より高い収入を目指して」はポジティブな理由になりますので、あながち「逃げ」とは言い切れないでしょう。

この考え方の変換が、後に解説する転職のコツの大きなヒントになりますので、覚えておいてください。

 

 

 

 

スポンサーリンク

逃げの転職はアリか、ナシか

 

では、ネガティブな理由で転職する「逃げ」の転職は、アリでしょうか。ナシでしょうか。

 

答えは、アリです。

 

ネガティブな要素がある仕事や職場にいつまでも嫌な気持ちのまま居続けなければならない理由など無く、精神衛生上、あるいは肉体的にも辛い目にあいながら働き続ける必要はありません。

嫌な環境からはさっさと離脱するに越した事はないのです。

 

ただし、全てのケースで「嫌になったら逃げの転職をしてもOK」という訳ではありません。

実際に、嫌になって会社を辞めて就活したものの、どこも雇ってくれず路頭に迷ってしまったという人はゴロゴロいます。

では、そうならないためにどうしたら良いか、次章で解説します。

 

 

 

スポンサーリンク

逃げる前にすべき事

まず、逃げる前にすべき事です。

やみくもに逃げ出すのはあまりにも無謀すぎます。

本当に辞めて良いのか、辞めるべき職場なのか、今一度冷静に熟考する必要があります。

 

  • 時が解決してくれる可能性のある問題か、そうではないか

(例えば嫌な上司がいた場合に、会社の異動のペースなどを参考に、いつまでも一緒にいるのか、別れられる可能性があるのか、など考察する)

 

  • 自分が働いている業種、職種の他の会社の様子はどうなのか

(どこの会社で働いても同じような職場ばかりなのか、それとも自分が勤めている会社だけが自分には合わない、もしくは条件が劣悪なのか、など調べる)

 

  • 転職するにあたり、自分の事を雇ってくれる会社はありそうか

(できれば辞職する前に転職エージェントに相談する事をおすすめします。

客観的に判断してもらい、転職できそうか、転職するとして条件はどの程度まで望めるか知っておきましょう)

 

これら3つを逃げる前に必ずおこないましょう。

もしかしたら「逃げている場合ではない・・・!」という厳しい現実を突きつけられるかもしれませんし、「逃げるためにはこんなスキルを会得する必要があるのか」という気付きがあるかもしれません。

 

 

 

スポンサーリンク

本当は「逃げ」の転職・・・でも、面接では絶対に「逃げ」は暴露しない

実際に転職活動をおこなう上で、絶対にやってはならない事は、転職希望理由で「逃げ」のニュアンスを感じさせる事です。

「職場の人間関係が・・・」や「やりがいが感じられず・・・」などと言ってしまった時点で即アウトです。

本当の理由がどんなにネガティブな「逃げ」の理由だったとしても、面接やエントリーシートにおける転職理由では必ず「攻め」のポジティブな理由を示しましょう。

 

ここで、最初に述べた給与についての考え方が参考になります。物は言いようですので、どうにかしてポジティブな言い方を見つけて転職理由を述べられるように努力する事がポイントです。

ただし、勤続1年未満の場合、あるいは年齢や職種などによっては3年未満の場合も対象になりますが、短い勤続年数で転職活動をする場合、その理由が「完全なるブラック企業」であった場合には、逆に正直にネガティブな理由を伝えた方が得策です。

ヘタに濁すと「何があったのだろう・・・」と勘繰られたり、不自然にポジティブな理由を並べると「胡散臭い・・・」と思われたりしてしまいます。

例えば「毎日終電を逃すぐらいまで残業させられて、身体を壊してしまった」とか「上司のモラハラ(パワハラ)に耐えられなかった(ここで具体的にどういったハラスメントがあったか述べるとなお良いです)」とか、「それなら仕方ない」と思わせる説得力のある理由を丁寧に伝えるよう心がけましょう。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

逃げの転職はありだと思います。

ただし、その「逃げ」が本当に必要かよく考えて、前向きに次のスタートが切れるような「逃げ」にしましょう。

それをしないとただの「逃げ」になってしまうし、「逃げグセ」がついてしまいます。

逃げを間違って正当化してしまうと、それが正しいと思ってしまいます。

辞める前によく考えて、必要ならば転職するようにしましょう。

スポンサーリンク

-Wワーク・転職まとめ

Copyright© ふわちょブログ【SASUKE出場を目指すお父さんのブログ】 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.