スポンサーリンク



Wワーク・転職まとめ

転職のタイミングで良い時期 悪い時期はいつ?|最適期を見極めるポイントとは

転職のタイミングで良い時期 悪い時期はいつ?

 

転職をしようと考えた時、果たしてベストタイミングはいつなのか?

有利になる時期はあるのか?

なんて思ったことがあると思います。

 

そんな転職のタイミングについて今回は、書いていきたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

「転職したい」と思った時が、転職活動の始め時!ただし・・・

 

入社した会社が自分が思い描いていたものとは違った・・・

同じ職場にどうしても”合わない”社員がいてストレス・・・

給料が低く、上がる見込みもない・・・

休日が安定せず、残業も多い・・・

自分が本当にやりたい事が見つかった・・・

結婚や引っ越し、出産などライフステージが変わった・・・

 

など、様々な理由で転職しよう、転職したい、と思う方は少なくありません。

 

基本的に、転職は「転職したい」と思った時が始め時です。

何事もまずは行動を起こさなければ、現状打破はできません。

転職の意志が芽生えた時点で、まずは情報収集や自己分析を始めてみましょう。

 

ただし、転職したい!と思い立ってすぐに中途採用の募集に応募してエントリーシートを送るというのは焦りすぎです。

 

転職には良いタイミングとあまり良くないタイミングがあります。

このタイミングを見極めて、情報収集のステージから「実際の転職活動(就職活動)」に一歩踏み出す事をおすすめします。

 

 

スポンサーリンク

転職のタイミングとしておすすめの「勤続年数」は?

ひと昔前は「石の上にも三年」という言葉もあるように、何事も3年は続けなければ分からない、という考えのもと、入社した会社は最低でも3年は続けろと言われていました。

しかし、最近は新卒で入社した新入社員が1年未満に退職してしまうケースが増えており、「自分に合わない仕事」もしくは「ブラック企業の激務」を3年も続けるよりは、早く環境を替えた方が良いという考え方が主流になりつつあります。

 

このような新しい考え方も徐々に広がりつつあるため、勤め先が「誰もが認めるブラック企業」だった場合は一刻も早く転職する事がおすすめです。

この場合は、具体的なブラック企業の実態を「退職理由」として理路整然と述べられるようにして、転職活動に臨むよう心がけましょう。

正当な理由が認められれば、短期間で退職した事がマイナスに働く事はありません。

 

誰もが認めるブラック企業ではなく、ただ「なんとなく」転職したいと思った場合におすすめの勤続年数は3年前後です。

1年未満の勤続で退職してしまうと、どうしても「忍耐力が無い、責任感が無い」などのネガティブな印象を与えてしまいます。

1年以上同じ職場で働かずに転職するというタイミングは、あまり良いとは言えないでしょう。

3年程度は継続して勤務し、その上で本当に転職したいのか自問自答し、明確な理由とともに転職活動を進める事をお勧めします。

 

 

スポンサーリンク

転職のタイミングとしておすすめの「時期」は?

実際に転職活動を始めるにあたってのお勧めの時期は、2,3月、8,9月です。

4月の年度初め、あるいは10月の半期終わりと初め、というタイミングで人員を増やしたり変更したりする企業が多いため、その少し前の2,3月、8,9月には求人が増えます。

普段は中途採用の募集を出していないような企業や、珍しい職種や業種でも求人を出す事が多く、条件が良かったり、変わり種の求人があったり、掘り出し物を見つけられる可能性も上がります。

 

また、2,3月、8,9月に転職活動を行い、採用が決まって転職する事が確定した時に、年度の境目や節目に合わせて退職しやすいため、そういった意味合いでもおすすめしたいタイミングです。

 

転職するならやっぱりここ!

・営業職求人はほとんど取り扱わず、エンジニア職、事務職求人など雇用条件がしっかりした求人のみを紹介
・土日祝休み求人の取り扱い豊富
・サービス残業がないかどうかをチェックした求人のみ紹介

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

転職のベストタイミングをまとめると・・・

 

ここまでにご紹介してきたポイントを総合して、転職のベストタイミングをまとめると、

 

  • 「転職したい」と思った時から情報収集や自己分析を始め
  • ブラック企業である等の特別な事情が無い場合は3年前後は今いる会社に勤務し
  • 2,3月もしくは8,9月を狙って転職活動を行う

 

以上の流れがベストになるという事になります。

 

大前提として、自分が働いている会社に迷惑をかけずに退職し、転職する事が社会人として最低限のマナーとなります。

退職予定の職場の繁忙期や、自分自身が携わっているプロジェクトが佳境を迎えている時は、よほどの理由が無い限りは避けて、退職から転職への流れを作っていけるよう気を付けましょう。

スポンサーリンク

-Wワーク・転職まとめ

Copyright© ふわちょブログ【SASUKE出場を目指すお父さんのブログ】 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.