スポンサーリンク



Wワーク・転職まとめ

薬剤師が仕事を変える事によるメリットを紹介|転職に失敗しない為に知っておきたい3つの事

更新日:

病院の近くには必ず薬局があり、そこで活躍している薬剤師たちは、病院のお世話になった人たちにとって、とても大切な存在です。

薬局でもう一度症状や薬のアレルギーなどを確認し、正しい服用方法や注意点をきちんと伝えて、温かい「お大事に」という言葉とともに患者さんを送り出す、とても立派な仕事です。

スポンサーリンク

薬剤師が転職したいと思う原因の1位は人間関係

しかし、膨大な薬を扱い、次々に届けられる処方箋をさばいていく仕事はなかなかのハードワークです。

このハードワークが原因となってストレスが積もり積もって、年長者の職員の”あたり”が強くなって職場の人間関係がギスギスしてしまいがちに…。

これこそが、薬剤師が転職したいと思う理由で最も多いものと言われています。

 

 

どんな業種でも職種でも、職場の人間関係はとても大切です。

気持ちよく働くためには、煩わしい人間関係から解放された職場を探すのが一番です。

そんな、転職したい薬剤師の方は必見の転職情報をご紹介いたします。

 

スポンサーリンク

薬剤師という仕事はそのままに職場を変えるメリット

 

まずは、薬剤師という職種は変えずに、職場だけ移るメリットのご紹介です。

資格や経験をそのまま生かすことができる

同じ薬剤師として仕事をするため、当然資格も経験もそのまま生かすことができます。

もちろん薬局独自のルールや薬の保管方法、渡し方のサイクルなど、違いはありますが、基本的なところは同じなので、新しい仕事をゼロから覚えるストレスもなく、給料も高い水準から働き始める事ができます。

働ける場は沢山あるため、次の職場で上手くいかなくても逃げ場はいくらでもある

薬剤師を募集している薬局は多く、求人を見れば高頻度で目にすることができます。

もし職場を移って、そこでも人間関係が煩わしく、嫌な上司がいたり気の合わない職員がいたりしても、また別の職場を探すことができます。

就労条件などを選びやすいのもメリットのひとつと言えるでしょう

薬剤師転職サイトはこちら!

☆;:*:;☆;:*:;☆;:*:;☆;:*:;☆;:*:;☆;:*:;☆;:*:;☆;:*:;☆;:*:;☆;:*:;☆
マイナビ薬剤師5年連続「利用者満足度No.1」!!
☆;:*:;☆;:*:;☆;:*:;☆;:*:;☆;:*:;☆;:*:;☆;:*:;☆;:*:;☆;:*:;☆;:*:;☆

首都圏や関西圏をはじめ、北海道から沖縄まで全国各都道府県の求人をカバーし、 満足度に徹底的にこだわったサービスを展開しています。

◎薬剤師求人.comは、転職エージェント20社以上分の保有求人+薬局や病院が 直接出している求人の情報を集約した、業界トップクラスのポータルサイトです。

薬剤師ができるだけ手間をかけずに、自分の希望をしっかりと見極め、 その希望に合う求人・転職情報に早くたどり着くことができます。

このサービスを紹介していただけるメディア様を募集しております。

 

 

スポンサーリンク

薬剤師という職種から異職業に転職するメリット

続きまして、薬剤師から別の職種へ転職するメリットをご紹介します。

狭い世界である”病院・薬局業界”からの脱出

病院や薬局というものは地域でかなり密接に関わり合いをもっていると言われています。

同じ地域内であれば、職場が変わっても気の合わない上司の息がかかっている職場で変な噂を広められたりする可能性が無いとは言えません。

こういった医療業界の人間関係そのものが嫌になってしまった方は、心機一転、全く別業種に転職される事をおすすめします

自分に合った仕事を一から考え直して模索する事ができる

薬剤師ならではのハードワークというものからは、たとえ職場が変わっても逃れる事はできません。

人間関係云々よりも、そもそもキツい仕事内容そのものが嫌で転職したいと考えている方は、新しい世界に飛び込んでみると良いでしょう。

薬剤師の方は「頭が良い」、「几帳面できちんとしている」、「ミスが少ない」という良いイメージを持たれる傾向にあるため、転職活動を行っても有利な立場で臨めるはずです。

薬剤師以外の職業の転職はこちら!

働きたい想いを持った方に向けて、「安定したお仕事探しのパートナー」になります。

製造業の工場、設計・開発、事務や医療に関するものまで幅広いお仕事があります。

 

 

スポンサーリンク

薬剤師の資格を有利に生かす事ができる薬剤師以外の仕事

 

薬局で薬剤師として働くのは嫌だけれど、折角の資格や知識、経験は生かしたいという方は、薬剤師以外にも次のような職場でその能力を生かすことができます。

  • 健康食品会社
  • 化粧品会社
  • 損保会社
  • 科学捜査研究所

実に様々な分野で薬に関する知識を生かすことができます

また、子どもたちの健康と命を預かる教育現場でも医療の知識や薬の知識は重宝されるため、地方自治体の公務員としての仕事の募集が出るケースもあります。

必ずしも薬剤師の資格は薬剤師の仕事でしか使えないというわけではないのです。

ぜひ、これまでの経験や知識を生かして、ストレス無くのびのびと働ける職場を見つけるべく、一歩を踏み出してみましょう

スポンサーリンク

-Wワーク・転職まとめ

Copyright© ふわちょブログ【SASUKE出場を目指すお父さんのブログ】 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.