スポンサーリンク



飼い猫情報

飼い猫の冬を過ごすための寒さ対策はどうする?|お出かけの際の注意点は”選ばせること”

更新日:

童謡で、猫はこたつで丸くなる…とありますが、猫は寒さに弱いのでしょうか?

冬の寒い日に日向ぼっこをしている猫は確かに毛を膨らませているようにも見えますが、実際はしっかりと毛に覆われており、自然に体から染み出す油で表面を守られています

家の中でもコタツから出たり入ったり、上手に調節していますね。

 

猫は上下運動が主で、夏は涼しいところ、冬は暖かいところを、きちんと見つけて常に快適に過ごす術を心得ている賢い動物です。

とはいえ、元気な若猫ばかりではありません。

抵抗力の弱い子猫や老猫の場合は、配慮も必要でしょう。

これからの季節、冬場の過ごし方を一緒に考えていきましょう。

 

 

スポンサーリンク

猫は、本当は寒さに弱いか?

個体差はありますが、冬でも飼い主の寝床やコタツに入らない猫もいます。

おもに長毛種は、寒さよりも暑さに弱いため、夏の方が注意しなければなりません。

 

 

夏場の注意点はこちら!

 
飼い猫は暑さに強い?弱い?|エアコンの設定は冷房と除湿果たしてどっち

暑くてダレるふわり 梅雨明けすると、30℃を越す日が毎日のように続き、飼い猫さんもふわりのようダラけけてしまいますよね そんな暑い日だからこそクーラーで飼い主も飼い猫も快適に過ごしたいものです。 &n ...

続きを見る

元気な猫であれば、さほど冬になっても、暖かく快適な場所を求めて移動するので気にしなくて良いですが、高齢の猫やまだ自分でうまく体温調節できないような子猫は保温のための補助をしてあげましょう。

昼間でしたら日当たりの良い場所、暖房している部屋で過ごせるようにしたら大丈夫です。

夜間でも暖房を切らさないようにするか、ペット用のヒーターを利用すると、やけどの危険もなく安心です。

 

スポンサーリンク

冬場の体調管理

 

 

子猫や老猫は、成猫よりも寒さに対する抵抗力が少ないので、免疫力が低下して感染症にかかったり、体調が悪くなったりします。

なので冬場は体温が下がってしまい、症状を悪化させることも十分考えられます。

いつもと様子が違う、元気がない、苦しそうにしている、など気になるようでしたら、早めに動物病院を受診しましょう。

 

それと、猫はあまり水分を取らないため、便秘になりやすく、放置すると危険な状態になりますので、十分気をつけます。

冬場は暖房などで乾燥するためこのリスクが多くなります。

 

 

スポンサーリンク

冬のお留守番は大丈夫?

 

では、冬場の外出をするときはどんな対策をして出かけたらいいのでしょうか?

 

防寒対策

暖房などを使って防寒をしたいところですが、冬場でも日中は太陽が出ていれば部屋の中は暖かくなります。

それに窓辺などに行けば、さらに暖かさも増します。

先に書いたように、猫は暖かいところ涼しいところを探して自身で体温調節をしますので、窓辺にベットを置いてやるとか、ベットに毛布を入れてあげることで暖は取れるでしょう。

 

逆に少し暑くなると、涼しい場所を求めて移動します。

寒いからといって、部屋を締め切りにするのではなくある程度移動できるようにしておくといいと思います。

 

夜のお出かけは、日中のような日差しはありませんから、暖房をつけて行くのがいいと思います。

エアコンでしたら20度〜23度くらいの低温で大丈夫です。

子猫や老猫の場合はベットの毛布を置いて行くとなおいいですね。

 

乾燥対策

暖房をつけるということは部屋は当然部屋は乾燥します。

水飲み場を増やすなど、水分を多く取れるような環境にしましょう。

 

 

 

スポンサーリンク

猫は自主性を重んじる

猫好きの方なら、当たり前のように日々思われているでしょうが、人間から見て、猫とは勝手気まま、自由人(猫)そのものです。

決してこちらからのお仕着せは通用しないので、いくつかの案をこちらから提供するのが良いでしょう。

例えば日当たりの良い場所に寝床をいくつか用意して置く、ある程度の部屋を自由に行き来できるようにする、等いくつかの選択肢を用意することです。

ここでのポイントは猫は上下運動をする動物であるということ。

高さを色々変えた場所を用意しましょう。

そのかわり、広いスペースは確保しなくて大丈夫です。

ご家庭の事情により、室内で放し飼いのできない場合はケージでも、高さがあれば可能です。

人間の温度差を感じる基準とは違いますから、まずは良く観察して下さい。

 

スポンサーリンク

まとめ

防寒対策

乾燥対策

冬場は気をつけることが多くありますね。

ただしこちらが対策を決めつけるのではなく、いくつかのパターンを用意して、飼い猫本人が選べるような、そんな対策ができたらいいと思います。

スポンサーリンク

-飼い猫情報

Copyright© ふわちょブログ【SASUKE出場を目指すお父さんのブログ】 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.