ふわちょブログ【SASUKE出場を目指すお父さんのブログ】

家族、飼い猫、スタバ大好き、息子とSASUKE出場を目指すお父さんが飼い猫の色々な情報やSASUKEの事、大好きなスタバの新商品の事を書いています!

スポンサーリンク



飼い猫情報

腎不全になった猫の食事や治療などの病後ケアまとめ|数値を安定させ少しでも長く生きる為に・・・

更新日:

飼い猫が腎不全になり、腎臓の数値をなんとか安定させたいといろいろ試している人は多いと思います。

ふわちょの家もそうです。

何年でも、何日でも、何時間でもいい。

飼い猫と一緒にいる時間を少しでも多くしたいという想いはどの家庭でも同じでしょう。

 

そこで腎不全がわかった後に、どのような食事の取り方をしたらいいのか?

水分補給は?

毎日のケアは?

といろいろ迷うと思います。

ふわちょの家がやったことや、ツイッターで親切に教えていただいたやり方などをまとめました。

参考になってくれればと思います。

 

情報を提供してくれた「ねこむすめ」さんです!

ご自身の飼われていたねこもやはり腎不全になったそうです。

とても親切に詳しく教えてくださいました。

 

腎不全についてはこちら!

関連記事
猫の慢性腎臓病の原因と症状|キーワードは早期発見!

  https://hoken.rakuten.co.jp/pet/ranking/cat/disease/index.html画像引用元 猫がなりやすい病気のランキングの1位が泌尿器疾患で ...

続きを見る

 

 

スポンサーリンク

日頃のケア

食事や水分補給など、日常的に行うものをまとめました。

食事には気を使いたいですが、猫が食べなかったりすることもあります。

思い詰めると飼い主さんの方が参ってしまうので、方法はたくさんあると思って思い詰めないように注意してください

 

食事

  • カリカリは少な目にして、腎臓サポートのウエットフードを多く食べさせる。
    (水分補給のため)
     

  • フードは何種類か用意して食べられるものを食べられる分だけ食べさせてあげる。
    (日によって体調が異なるので、食べられるものと食べられないものが出てきてしまいます。
    何種類かご飯を用意してあげて、その日に食べられるものをできるだけ食べさせてあげてください。)

  • 食べないようだったら以前のフードと混ぜてあげる。

  • 薬を入れると嫌がるようだったら無理に混ぜない。
    (薬をご飯に混ぜることをとても嫌がることがあります。
    あまり嫌がってご飯を食べなくなってしまうようでしたら、薬ではなく食べる事を優先してあげてください。
    食べられないと体力はどんどん落ちていってしまいます。)

  • 食べる意思がある時に食べられるだけ食べさせてあげる。

  • 食欲が落ちたらいつもと違うものもおすすめ
    (手羽先のスープ、ささみのほぐしたものなど。
    お刺身などももし好きなら効果的だと思います。
    食欲が落ちたら取り敢えず食べたいものを食べさせてあげるようにしましょう。)

  • 脱水ゲルをご飯に混ぜて水分補給
    (獣医師から教えてもらった水分補給方法です。
    病院で取り寄せてもらえます。
    お魚の味?がついているゼリーのようなものです。
    フードに混ぜてあげると水分補給になります)

腎臓ケアのご飯

腎臓をケアするサプリメント入りの美味しい徳島地鶏生肉!(犬猫用)

 

ヒルズ プリスクリプション・ダイエット 猫用 腎臓ケアk/d缶 チキン

ロイヤルカナン 療法食 腎臓サポートスペシャル

カリカリが食べにくくなった時に、老猫用のペースト状の物をあげていました。

病院でサンプルをくれたりするのでいろいろ試してみるのがいいですね。

 

スポンサーリンク

水分補給

  • 水を置く箇所を増やす
    (移動するのもしんどくなると、さらに水を飲まなくなってしまいます。
    水飲み場を増やしてあげたり、いつもと違う場所から水を出してあげると面白がって飲むかもしれません)
  • 常に新鮮な水に取り替える。
     
  • 水にサプリを入れる。
    (水を飲むのと同時に摂取できれは良いと思いやりました。)

水に混ぜてあげるサプリです。ご飯に混ぜても大丈夫!

スポンサーリンク

体の変化や環境

  • 脱水具合を確認する。(背中の皮の戻り具合で判断)

  • 口内炎になっていないかチェックする。
    (免疫力が落ちると口内炎になりがちです。
    口内炎になるともっとご飯を食べられなくなってしまいます)

  • 口内炎&エネルギー補給にはマヌカハニーがおすすめ。
    (マヌカハニーにはとても強い抗菌作用があります。
    病院の先生に聞いたところ、大丈夫とのことでしたので一日に数回あげていました。
    エネルギー補給にもなるので、口内炎も酷く食べられなくなったら試してみると良いです。)

  • 家の中で快適に過ごせる場所につれていってあげる。
    (しんどくなると移動もせずぐったりとしてしまいます。
    冷房があたりすぎない場所など連れていってあげたりすると喜んでいました)

  • 通院がストレスになるようだったら家で輸液。
    (毎日病院に連れて行っていっていたのですが、大変お金がかかったのと猫自身のストレスもあって、途中から自宅での点滴に切り替えました。最初は難しいですが、慣れると簡単です。
    点滴パックを下げる洋服かけのようなものがあると便利です。)

  • 輸液はちょっと温めてから。
    (点滴は体が冷えるため。
    これも獣医さんに教えてもらいました。
    ちょっと湯煎してからやってあげていました。)

マヌカハニー

 

スポンサーリンク

 

特に効果のあったこと

  • デドックス効果のあるものを与える。
    (腎機能が落ちてくると、とにかく老廃物を排出できなくなってしまいます。
    もし何かサプリメントを与えるなら、ケイ素・炭などがおすすめです)

  • 腎臓を温めてあげる。
    (こんにゃくで温めるのは特におすすめです。
    お金も殆どかからないですし、やり方も簡単なので是非やってあげてください。)

  • 背骨・お腹のマッサージをしてあげる
    (体力が落ちてきてしまったり、便秘になってしまった子におすすめです)

 

マッサージ方法

猫ちゃんの背中に、人間の肩甲骨のような骨があります。

写真のような位置ですね。

具合が悪くて下を向きがちだと、その間が狭まってきて呼吸が苦しくなってしまうそうです。

背中の骨と骨の間に手を入れて、開くように軽くマッサージしてあげてください。

ちょっと楽になるようです。

 

こんにゃくを使った腎臓の温め方

  1. こんにゃくの表面に切れ込みを入れる(焼きなすを作る時みたいな感じ。こんにゃくが縮むのを防ぐためです)

  2. ビワの葉を取ってきて洗う(ゴワゴワした、古いものでないとあまり効果がありません。裏側の細かい毛などを良く洗ってください)

  3. こんにゃくを5分くらい煮る(チンはしないでなるべく煮てください)

  4. 茹でたこんにゃくをタオルで2,3重に包む(絶対にビニールに入れないようにして下さい。熱くない、触れるくらいまでタオルで包みます)

  5. 猫ちゃんの腎臓のあたりにビワの葉を置き、その上からタオルで巻いたこんにゃくを置きます(ツルツルした方を猫ちゃんに当ててください。低音火傷をしてしまうとかわいそうなので、ある程度したら動かしてあげてくださいね)

  6. こんにゃくが冷めたら終わりです。こんにゃくは茹でてまた使用できます。(勿体無くても食べないでくださいね!こんにゃくやビワには毒素を吸着する作用があると言われているので)

毒素を吸着するとビワの葉がこのように黒っぽくなります。(熱の影響もあるかもしれませんが)

うちの子は、最悪の状況の時も、これをやるとご飯やお水を口にしてくれるようになりました。

 

お忙しいとは思いますが、一日一回で良いのでやってあげると効果があるかもしれません。

 

まとめ

ねこによってこれは大丈夫!

これはダメ・・・あると思います。

いろいろ試して、飼い猫に1番最適な物を探してみてください。

 

治療にはお金がかかります。

ふわちょこんなこと試してみました。

重要記事
クラウドファンディングを使ったペットの医療費支援|一般個人がやってみた結果は?

ふわちょの飼い猫のちょびは慢性の腎臓病にかかってしまいました。 腎臓の機能が10%以下しか残されていないステージ4です。 長く生きるには、今残されている機能を維持していくしかありません。 慢性腎臓病に ...

続きを見る

スポンサーリンク

-飼い猫情報

Copyright© ふわちょブログ【SASUKE出場を目指すお父さんのブログ】 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.