スポンサーリンク



Wワーク・転職まとめ

扶養内のWワーク気をつける2つの事|パート掛け持ちの落とし穴!

更新日:

パートの収入を増やしたい。

でも、今の働き先ではこれ以上は増やせないので何処か違う所で掛け持ちで働きたい。

こんな理由でパートなどを掛け持ちする人、したいと思っている人たくさんいると思います。

ふわちょも現役のWワーカーですが、職場にパートを掛け持ちしている方は何人もいました。
  

しかし、扶養に入ってる人がパートの掛け持ちをしたら…。

扶養に入りながらのWワークって本当に大丈夫なの?って心配になりますよね。

扶養に入っていて掛け持ちするときに気をつける事を大きく2つにまとめました!

参考にしてもらえたらと思います。

 

スポンサーリンク

Wワークはしても大丈夫?

まずはこれが気になると思います。

これから探す先は「WワークOK」と言う場所を探せばいいのですが、問題は現在働いている所です。

Wワークを禁止しているのかどうか。

それによっては今後の対応が変わってきますので、早めに知りい情報ですね。

 

パートはほとんどの所でWワークOK

法律上は公務員以外はWワークは禁止されていません。

会社の就業規則に「禁止」とあればその内規に違反していると言う事なのです。

現在は多くの企業で『正社員』に対して副業禁止をしています。

しかしバイトや、パート、契約社員に対して禁止している所はほとんどありません。

世の中には「複数のパートを掛け持ちしている人」は当たり前のように存在しています。

働き先が「禁止」とあえて書いていなければそれはOKの意味と捉えていいと思います。

 

トラブルを避けるために相談する

勤め先がWワークOKでも、一言相談しましょう。

禁止と書かれていなくても、こっそり副業をしてしまうと思わぬトラブルになる事があります。

勤め先のルールがあると思いますので、しっかり申告して堂々と掛け持ちで働きましょう。

 

掛け持ちを禁止している場合

会社によっては

仕事の内容に特別なノウハウが必要だったり、

企業秘密にかかわる仕事だったり。

こう言った事が外に漏れないように、禁止をしている所もあります。

見つかってしまうと、パートを辞めなければいけないと言う事にもなりかねません!

禁止をしている所での掛け持ちはかなりのリスクがあると言う事です。

 

Wワークするならココがおすすめ

 

 

 

スポンサーリンク

扶養範囲内で働く時の注意点

扶養で働いている人はこれが1番気になるのではないかと思います。

扶養が外れないように扶養範囲内で働きたい。

その場合、掛け持ちだとどうなるの?

心配事がつきませんね。

それでは、Wワークでも扶養範囲内で働く為の注意点を見ていきましょう。

お仕事探しはこちらから!

 

 

合算で130万以内なら扶養範囲内

よく聞くのが

103万円の壁

130万円の壁

この金額ですよね。

 

  • 103万円の壁

まずは103万円の壁ですが、「配偶者控除」が受けられるラインの金額です。

「配偶者控除」は、これを受けることによって所得税と住民税が安くなると言うものです。

これは103万円以下なら受けられますと言うものですね。

 

  • 130万円の壁

これは誰もがよく知る、扶養範囲の金額ですよね。

この金額を超えてしまうと、扶養から外れなければいけません。

そして自身で社会保険に加入しなければなりません。

 

 

気になるのが、Wワークをするとこの金額は2つの働き先の給料の合計なのか?と言う所ですよね。

その通りで2箇所の給料の合算が年間103万、130万以内で扶養範囲内という事になります。

 

 

税金面の扶養(103万円の壁)

2つの給料の合計の年収が98万円を超えると住民税が発生します。

そして103万円を超えると所得税も発生しますので注意しましょう。

これは、それぞれの勤め先の給料が超えていなければと言うわけではなく合算の金額です。

片方が年間50万円。

もう片方が50万円でしたら住民税は発生します

片方が超えていなければ大丈夫と言うわけではありませんので気をつけてください。

 

社会保険の扶養(130万円の壁)

こちらも考え方は同じで、2つの給料の合計の年収が130万円を超えると扶養範囲外になります。

ちなみに、130万円までの収入の中には交通費も含まれます。

なので、Wワークの時には2つの収入をよく把握して考えて働く必要があります。

 

 

106万円の壁

2016年10月1日より新たにある一定条件を満たす場合、扶養から外れ自身で社会保険に加入しなければいけなくなりました。

  1. 1週間の所定労働時間が20時間以上
     
  2. 月額賃金88,000円以上(年収106万円以上/残業代、交通費含まず)
     
  3. 継続勤務1年以上が見込まれること
     
  4. 従業員数501人以上の企業(厚生年金保険の被保険者数)に勤務
     
  5. 学生は除く

しかし、Wワークをしている場合はどちらかの勤め先でこの条件に満たしている場合のみです。

片方が年間60万、片方が年間60万、この場合は対象にはなりません。

ちなみにこの金額は交通費、残業代、賞与は含みません。

 

掛け持ちで確定申告が必要な場合は?


関連記事
扶養範囲内でパートを掛け持ちした時の確定申告|必要な場合とそうでない時を詳しく説明

主婦の方も空いた時間 ...

続きを見る

 

ココがポイント

自宅での業務や時短業務の求人情報が多数

ママワークス」は、働く「時間」と「場所」を自由に選べる 全国のママさんを応援する求人サイトです。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

Wワークを禁止している所が少ないとは言え、勤め先はどうかわかりません。

確認をして、OKだとしても1度しっかりWワークをする旨を伝えましょう。

Wワークが始まったとしたら、扶養範囲内の考え方は2箇所の給料の合算した金額です。

2箇所の給料なので大変ですが、しっかりと管理して130万円超えないよう注意しましょう。

スポンサーリンク

-Wワーク・転職まとめ

Copyright© ふわちょブログ【SASUKE出場を目指すお父さんのブログ】 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.