ふわちょブログ【SASUKE出場を目指すお父さんのブログ】

家族、飼い猫、スタバ大好き、息子とSASUKE出場を目指すお父さんが飼い猫の色々な情報やSASUKEの事、大好きなスタバの新商品の事を書いています!

スポンサーリンク



Wワーク・転職まとめ

電子申告(e-tax)を使うメリットとデメリットは?|副業の確定申告は郵送の方がいい訳はここにある!

投稿日:

副業をすると必ず必要な確定申告。

パソコンを使った確定申告のやり方は電子申告(e-tax)郵送の2種類あります。

パソコンを使って申告を考えている人は、どっちがいいのか迷うと思います。

今回は、電子申告でのメリットとデメリットを書いていきます。

郵送との比較もできますのでぜひ参考にしてください。

 

スポンサーリンク

 

確定申告の重要性!

副業をしていると必ず必要なのが確定申告

しかし、確定申告をやろうとはしているもののなぜ必要なのかわからない人もいると思います。

確定申告はしっかりやらないと、会社にばれる。

給料の差し押さえなどになりますので、重要性は頭に入れておきましょう!

重要記事
Wワーク確定申告の必要性|会社にバレる!?知らないと怖い副業と税金の関係

副業をしていると必ず必要なのが確定申告。 ですが必要とは言うものの、なぜ必要なのかよくわからないという方が多いんです。 「本当に必要?」 「やらなくても大丈夫だよ」 なんて思っていると後で大変な事にな ...

続きを見る

 

電子申告(e-tax)とは?

電子申告とは、パソコン等でインターネットを利用して電子的に確定申告などの手続が行えるシステムです。

詳しくはこちら

自宅でパソコンを使って確定申告なら郵送のやり方もあります。

関連記事
副業サラリーマンの確定申告のやり方|税務署に行かずとも自宅でできる方法とは!?

副業をすると必ず必要になるのが確定申告。 いつもは勤め先の会社が「年末調整」と言う形で収入の申告はしてくれます。 しかしWワークをしている場合は、副業の分は自分で申告しなければいけません。 &nbsp ...

続きを見る

郵送と比べて何がメリットで、何がデメリットなのでしょう?

 

スポンサーリンク

電子申告のメリット

では、電子申告はどんな所がメリットなのでしょうか。

郵送で送るよりもいい所があればぜひ、使ってみたいですよね。

国税庁が紹介しているメリットはこちらです。

 

メリット1 : 自宅からインターネットで申告できます。

自宅からインターネットで送信することにより、税務署に行く手間や申告書を郵送する手間が省けます。

メリット2 : 添付書類の提出を省略することができます。

医療費の領収書や源泉徴収票などの添付書類については、その記載内容(病院の名称、医療費の支払金額、給与や公的年金の支払金額など)を入力して送信することで、提出又は提示を省略することができます(ただし、法定申告期限から5年間は、保存しておく必要があります。)。

メリット3 : 還付金を早く受取ることができます。

還付申告をe-Taxで送信する場合は、印刷して提出する場合に比べ、還付金を早く受け取ることができます(e-Taxで送信された還付申告は通常3週間程度で還付しています。)。

メリット4 : 24時間送信することができます。

平成30年1月15日(月)から3月15日(木)までは、24時間e-Taxによる送信が可能です(メンテナンス時間を除く。)。

参考サイト→国税庁

 

 

平成31年度からの電子申告

平成31年1月以降からの電子申告は・・・

  1. スマホでの申告ができるようになる。
  2. マイナンバーカード方式によりe-taxの利便性が向上する。

いつでもどこでもスマホで申告

平成31年1月から、国税庁ホームページの「確定申告書等作成コーナー」では、スマートフォンやタブレット(以下「スマホ等」といいます。)でも所得税の確定申告書の作成ができます。

<スマホで見やすい専用画面>

・ 給与所得者(年末調整済み)で、医療費控除又はふるさと納税などの寄附金控除を適用して申告する方は、スマホ専用画面をご利用いただけます。

 

<マイナンバーカード方式>

 マイナンバーカードを用いてマイナポータル経由又はe-Taxホームページなどからe-Taxへログインするだけで、より簡単にe-Taxの利用を開始し、 申告等データの送信ができるようになります。  

  • ○ e-Taxを利用するためには、事前に税務署長へ届出をし、e-Tax用のID・パスワードの通知を受け、これらを管理・入力する必要がありますが、 マイナンバーカード方式では、そのような手間がなくなります。
  • ○ 今後e-Taxを利用する場合に、マイナポータルを経由して入手した医療費情報を活用できるようにするなど、手続の簡便化に向けた取組を進めています。

参考サイト→国税庁

 

 

郵送と比べると・・・

自宅からインターネット申告は同じですよね。

添付書類の提出の省略と、還付金を早く受け取れるというのは郵送よりいい気がします。

24時間送信もメリットかも知れません。

確定申告の書類はA4サイズになるので、定形外郵便になりますので郵便局窓口での発送になります。

そうなると平日になりますし、時間も限られます。

最後のスマホでの申告はかなり便利ですね!

パソコンを持っていない人でも、気軽に申告ができます。

 

スポンサーリンク

 

電子申請デメリット

それではデメリットは何があるのか紹介します。

 

電子証明書やICカードリーダライタの取得に費用や手間がかかる

やはりここが1番のデメリットではないでしょうか。

事前準備に手間と費用がかかります

事前に上の1〜4までの作業をしなければなりません。

2の項目の「電子証明書の取得」の電子証明書とはマイナンバーカードのことです。

なので、マイナンバーカードの発行を申請して役所に取りにいかなくてはいけません。

そして、パソコンでの申請やマイナンバーカードの発行に料金は発生しませんが、

その電子証明書を読み込むための機械にお金がかかります

それがこのICカードリーダーです。

 

値段は2000円〜5000円くらいでしょうか。

しかもマイナンバーカードに対応したものしか使えませんので、購入には注意が必要です。

その後もパソコンでの設定やe-taxソフトのインストールなどがあります。

パソコンが苦手な人はかなり大変です。

 

電子的な提出が困難で、書類提出になる添付書類がある

  • 登記事項証明書
  • 請負(売買)契約書の写し
  • 住宅借入金等の残高証明書(初年度のみ)
  • 補助金等の額を証する書類
  • 長期優良住宅建築等計画の認定通知書の写し
  • 住宅用家屋証明書若しくはその写しまたは認定長期優良住宅建
    築証明書
  • 検査済証の写し
  • り災証明書(その写しを含む) など

これらの書類は、以前は別途コピーを別途税務署に郵送しなければなりませんでした。

現在はPDFデータとして送信が可能になり、かなり簡単になりました。

しかし、電子申告OKの書類と電子申告NGの書類の管理が困難という声も上がっています。

国税庁のアンケート結果です。

 

スマホで確定申告!?

 

                              

 

 

まとめ

毎年自宅で確定申告をしていますが、事前準備やソフトのインストールなど、

それらの手間を考えるとやはり郵送の方がいいように思います。

ですが、考え方によっては電子申告の方が楽と思われる方もいると思います。

↓e-taxでの申告のやり方はこちら↓

両方のやり方や準備などをよく理解して、どちらがいいのか検討してみるのもいいと思います。

スポンサーリンク

-Wワーク・転職まとめ

Copyright© ふわちょブログ【SASUKE出場を目指すお父さんのブログ】 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.