スポンサーリンク



飼い猫情報

飼い猫に目やにが出る原因とは?|片目?両目?症状を見ての見分け方とは

更新日:

ちょび目やに

ふわちょの飼い猫のちょびはしばらく目やにが多くつく症状が出ていました。

朝拭いてあげても、夕方にはまた付いてします。

べっとりと目についているのを見ると心配になってしまいますよね。

そんな目やにですが、量や色などから原因は特定できるのでしょうか!?調べて見ました。

 

 

スポンサーリンク

飼い主さんが1番気になる症状は『目やに』

SNSなどでも「目やに」についてのつぶやきがたくさんあります。

動物病院のアンケートでも飼い主さんが愛猫の健康できになる症状として1番多くあげられているのが『目やに』なんです。

 

 

ちょびもそうでしたが、やはり目にべっとりとついているのを見ると心配になるのはわかります。

 

そもそも目やにはなぜできるの?

たくさんついてしまってきになる目やに。

なぜ目やにはできるのでしょう。

 

原因は猫の可愛さの1つの大きなその目!

猫の可愛さの最大の特徴は大きな目ですよね。

その大きな目が「目やに」の原因になっています。

 

可愛い大きな目を湿らすために多くの涙を出しています。

目に溜まったホコリや新陳代謝によって出た老廃物涙によって洗い流し、それが固まったものが目やにというわけです。

猫を飼っている方ならご存知のとうり、猫さんは1日の大半を寝ています。

人もそうですが寝起きは目やにが1番溜まっています。

寝ている時間が多いというのも原因の1つですね。

 

正常な目やに

赤茶っぽい、赤褐色の塊がついているのは正常な目やにです。

目やにが少量で、目に傷ついている様子がない、涙も異様に出ていないようならば、正常な目やにです。

 

ちょび
にゃーはいつも結構多く目やにがついてしまうにゃ。

 

 

病気の疑いのある目やに

では病気の疑いのある目やにはどのようなものなのでしょう。

目やにそのものではなく、両目に出ているのか?はたまた片目に出ているのか?というのも、判断する材料になってきます。

 

目やにが両目に出ている場合

この場合は

感染症

の疑いがあります。

感染症が原因であることが多く、最も多くみられる原因は猫風邪です。猫風邪とは、猫ヘルペスウイルス・猫カリシウイルス・クラミジアの感染による猫の上部気道感染症をいいます(上部気道とは鼻から喉にかけての部分を指します)。原因となる猫ヘルペスウイルス・猫カリシウイルス・クラミジアが単独もしくは混合感染することにより発症します。猫風邪は外にいた経験のある猫に比較的多くみられます。

緑色のドロッとした目やにが特徴です。

 

目やにが片目に出ている場合

目の外傷

が原因のことが多いですね。

外猫さんなんかは喧嘩をしたりするので、目に傷をつけてしまうことが多いかもしれませんね。

顔などを洗っている際に、自分の爪で引っ掻いてしまう事で傷つくこともあります。

眼の外傷や、異物が原因かもしれません。眼の外傷は外に出る猫にみられることが多く、原因は猫同士のケンカです。傷を受けたることにより角膜(いわゆる黒目の部分)潰瘍を引き起こします。

その傷からウイルスが入ってしまい、目やにが多くなることもあります。

その場合は、片目にしか出ないけど緑色でべっとりという目やにになります。

 

品種によって出やすいことも

 

猫風邪をひいていないのに、幼少期から目ヤニが多くみられる品種があります。ペルシャやエキゾチックショートヘアなどの鼻ぺちゃな外見が特徴の短頭種です。眼と鼻をつなぎ、涙を鼻に排出する役割をする鼻涙管という構造がありますが、短頭種の猫はそれが狭かったり詰まっていたりすることがあります。このため、涙があふれて慢性的に目ヤニが見られます。目ヤニの色はこげ茶色や黒色です。その他、先天的に眼の縁が内側に巻き込まれた状態の眼瞼内反症を持つ猫は、内反している部分の毛が眼球にあたる刺激により慢性的な目ヤニがみられます。目ヤニの色はこげ茶色や黒色です。

鼻の特徴によって多くなってしまうこともあるんですね。

 

https://cat.benesse.ne.jp/withcat/content/?id=13145上記引用元

 

症状を見て判断できることも

 

右は黒っほい固まった目やに

左だけべっとりとした目やに

上記に書いた症状から推測すると、右は問題ない目やにで左だけべっとりとした目やになので、おそらく顔を洗っていて傷ついてしまったのかもしれません。

目自体は何の変化もありませんでした。

この目やには自然になくなりましたがこのように判断することもできます。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

症状は書きましたが、正確な判断は我々ではできません!

本当に心配な時には必ず病院を受診してください!!

スポンサーリンク

-飼い猫情報

Copyright© ふわちょブログ【SASUKE出場を目指すお父さんのブログ】 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.