ごっととブログ【SASUKE出場を目指すお父さんのブログ】

家族、飼い猫、スタバ大好き、息子とSASUKE出場を目指すお父さんが飼い猫の色々な情報やSASUKEの事、大好きなスタバの新商品の事を書いています!

スポンサーリンク



飼い猫情報

災害から飼い猫を守る為に知っておきたい事とは|いざと言う時の為の知識と準備

投稿日:

東日本大震災や熊本地震、西日本豪雨。

様々な大きい災害が日本を襲ってきました。

 

いつ自分のところにこういった大きい災害がくるかは、当然ですがわかりません。

自分の身の安全はもちろんの事、家族や飼い猫の安全も普段から考えておかなければいけません。

 

 

もし、災害が起きてしまったら!

まずは飼い主さん自身の安全が大前提です。

飼い主さんが無事でいないことには家族や飼い猫を助けることはできません

 

避難所などに一緒に避難できる場合は

避難所には一緒にいけないイメージがありますが、そんなことはありません。

 

 

 

 

このように一緒に避難できる所はあります。

自分の地域の避難所はペット可能かを事前に調べておきましょう。

 

実際の避難所は・・・。

ペットが一緒に避難できる場所はあっても、実際はその場所を使うのはなかなか厳しいようです

 

  • 建物の中には入れず、屋根のある野外で寝なければならない。
     
  • 人がいる住居スペースとペットのスペースが分けられている。
     
  • 同じく避難している犬などの鳴き声で怖がってしまう。
     
  • アナウンスや物資の受け入れなど大きな声や音が耐えない為、やはり怖がってしまう。
     
  • ケージに入れておかなければならない為、トイレをしてしまい清潔が保てなかったり、匂いで迷惑をかけてしまう。

 

これらの理由から避難所にはいかない人が多かったようです。

 

車中泊

熊本地震の時に多かったのが車中泊だったようです。

車の中という場所ならある程度自由にさせられるし、周りに迷惑がかからないという理由からです。

ですが季節によりますが、暑さや寒さがピークの時期は、やはり厳しい環境です。

長く続くとなるとやはり大変です。

 

自宅に残していく

非常に辛い選択ではありますが、避難所や車での何日続くかわからない、猫には強いストレスのある生活をさせるよりは、慣れた自宅にいる方がいいのではと判断する方もいたようです。

これについては賛否両論ありそうですが、実際に被災した方が災害のストレスを感じた飼い猫を外に連れ出す難しさを感じ取っての判断ですので、悪い判断とは思いません。

 

インターネットを活用する

動物病院がペット同伴避難者を受け入れたという事もあったようです。

熊本市でペット同伴避難者を受け入れた竜之介動物病院がいま伝えたいこと

こういった情報を逃さないように、インターネットやSNSの情報は常にチェックしましょう!

 

スポンサーリンク

 

 

日頃の準備

こういったこれまでの災害のケースを教訓に、日頃の備えをしっかりしておくことが重要です。

 

キャリーなどに慣らしておく

一緒に避難する時には必須の道具になります。

急がないといけない時に嫌がられたりしてはとても大変な作業になってしまいます。

キャリーに普段からならすにはこちらの記事に詳しく書いてあります。
飼い猫が嫌がるキャリーバック|日々のトレーニングで大好きな場所に!

 

もし自宅に残していく場合も想定して、どの部屋にどのようにおいていくか事前に決めておくといいですね。

そして餌などの必需品の蓄えも必要です。

自宅に戻れなくなることもあります、それも踏まえて用意しましょう。

 

逃げ出してしまった時のために

地震などの大きな揺れの時はびっくりして逃げ出してしまうケースも多いようです。

 

 

こういった場合の対策も必要です。

こちらに迷子対策について詳しく書いています。
飼い猫が迷子になっらどうする!?|4つの探し方と普段の対策!
飼い猫の迷子対策!マイクロチップのメリット、デメリット!

 

 

 

 

まとめ

災害は起きてからの行動は、当然よろしくありません。

起きる前の行動を大切にして、日頃からいろんな状況の対策を心がけていきましょう。

スポンサーリンク

-飼い猫情報

Copyright© ごっととブログ【SASUKE出場を目指すお父さんのブログ】 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.