スポンサーリンク



ダイエット 筋トレ

脂肪を溜めてしまう5大要素!|ついついやってしまう食べ過ぎ 飲み過ぎ 運動不足!

更新日:

ダメな習慣

 

スポンサーリンク

脂肪を溜める 5大習慣

 

わかっちゃいるけどやめられない!?

ポッコリお腹を作るのはこんな生活です。

  1. 野放図な食生活

  2. 運動不足

  3. 過度のアルコール

  4. 睡眠不足

  5. ストレス

 

 

野放図な食生活

国民1人1日あたりのエネルギー摂取量は1990年で2026Kcal、2015年では1889Kcal

仕入れるエネルギーは減っているのに肥満は一向に減らず。

原因のひとつとされているのは油脂と単純糖質の摂取量

関連記事
21時以降に食べちゃダメは間違い|深夜の時間帯に食べても大丈夫なその訳は

  ダイエットで必ず聞くのが 21以降は食べちゃダメ!   21時ではなく20時とか22時とか色々ありますが、本当にダメなのでしょうか? では、仕事が忙しく帰りが22時以降の人は皆 ...

続きを見る

関連記事
ダイエット遅い時間帯の食事法|守れば痩せ体質になる5つの方法!

肉・魚・卵 理想の体に近づけるためには、脂肪を燃やせる代謝のいい体になることが重要です。 そして、代謝を行うためには、アミノ酸・ビタミン・ミネラルなどの様々な栄養が必要です。 そういった栄養を取るため ...

続きを見る

 

運動不足


時間がないから定期的な運動はできません!そんな言い訳は無用!!

ここで言う運動とは、筋トレやジョキングではない。


家事や日常生活活動
のこと。

立ったり歩いたりするだけでもエネルギーは消費できる。

参考記事
ダイエット 脂肪燃焼にはやはりウォーキング!|知ればもっと歩きたくなる5つのキーワード

ウォーキング ダイエットで、脂肪を減らすためには有酸素運動が重要です。 もちろん筋力トレーニングでもエネルギーは消費できるし、筋肉量が増えれば、基礎代謝量も増えて、痩せやすい体になります。 でも、その ...

続きを見る

 

 

過度のアルコール

アルコールはエンプティーカロリーだからいくら飲んでも大丈夫?そんなわけない!

アルコールは肝臓で中性脂肪に合成されやすい

ついでにちょいちょい口にするおつまみも太る原因。

もっとついでに、飲んだ後、深夜の炭水化物は言語道断でしょ!

 

睡眠不足

日が昇ったら目覚めて活動を開始し、夕暮れには住処に戻って休息する。

体温の調整もホルモンの分泌もそうした体内リズムによってコントロールされている。

脂肪燃焼を促す成長ホルモンや血糖値を上げるコルチゾール分泌も減り、睡眠リズムが乱れることで脂肪燃焼が少なくなり、処理しきれない血糖は脂肪に合成される羽目に。

 

 

ストレス

大いなるストレスに見舞われると、コルチゾールが分泌されて血糖値が上昇する。

日々のストレスで必要のない時にコルチゾールが出っ放し!血糖値が上がりまくりで脂肪も合成されまくり。

 

スポンサーリンク

まとめ

一気に解消は難しいので、どれか1つでも無くしていくことを心がけましょう!

休日に運動すると、運動不足とストレスの2つを解消できるのでお勧めです!!

案外、ハマってしまうスポーツに巡り会えるかも(笑)

そして、体重を落としたいなら、さらに3つの対策をすると完璧です!

スポンサーリンク

-ダイエット 筋トレ

Copyright© ふわちょブログ【SASUKE出場を目指すお父さんのブログ】 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.