ごっととブログ【SASUKE出場を目指すお父さんのブログ】

家族、飼い猫、スタバ大好き、息子とSASUKE出場を目指すお父さんが飼い猫の色々な情報やSASUKEの事、大好きなスタバの新商品の事を書いています!

スポンサーリンク



飼い猫情報

猫が餌を吐く原因は?対策はこれだけ!改善したその方法とは?

更新日:

ごっととのウチでは猫を2匹飼っています。

同じご飯を食べて、同じように生活をしているのに、片方だけご飯を食べた後によく吐きます。

もちろん体調の違いもあるのだろうけど、よく吐くものだから、そのたび家の中は大騒ぎになります。

ですので、なるべく吐かないようになって欲しいので、色々対策をしてみました!

ぜひ、最後まで読んでいただき、参考にいてもらえたらなと思います。

スポンサーリンク

 

猫の吐きは生理現象!?ではなぜ吐くのか?

猫はご存知の通り肉食動物です。

餌はほぼ丸呑み状態で胃に入って行きます。

獲物を狩って食べる猫は、獲物の中の被毛や骨など不必要なものを吐き出すために吐くことはあります。

また、1度にたくさん飲み込んでしまったときなどは吐き戻したりします。

そういう場合は大体、胃までは入っていなく食堂の途中で詰まってしまい吐き戻します。

 

よく聞くところでは毛玉があります。

これはクルーミング(毛づくろい)によって体内に入ってしまった毛を吐き出しています。

 

その他、吐く原因は?

上記のことが生理現象だとしたら、原因があって吐く場合はどんなものがあるのでしょう。

 

胃や腸に炎症が起こっている時

食べ物だけではなく、ストレスなどから胃や腸に炎症が起こることも考えられます。

 

食べ過ぎた時

ドライのキャットフードは噛まずに飲み込むことが多いです。食べ過ぎて消化不良を起こしているかもしれません。

 

異物を誤飲した時

特に、毒性の強いものを飲み込んでしまうと、中毒を起こし激しく嘔吐するようです。

 

食べてはいけないものを食べた時

猫に与えてはいけないものを食べると中毒症状を起こし、嘔吐する可能性があります。

 

餌があっていない時

猫が苦手なものが入っているかもしれません。必要とする栄養バランスや量は、子猫、成猫、老猫によって、運動量によっても餌の種類が違ってきます。

 

感染症・病気の疑いがある時

嘔吐の背後に大きな病気が隠れている場合もありますので、疑いがある時は獣医さんに相談しましょう。

 

食べるときの姿勢が悪い時

食べる姿勢が悪い場合も、吐きにつながります。

 

↓その吐き、大丈夫?吐きが大丈夫かどうかはこの記事に詳しく書いています↓

 

もちろんこれだけではないとは思いますが、この中で気になったところがありました。

『食べる時の姿勢が悪い』

というところです。

飼い猫の2匹を比べると、よく吐く方(名前ふわり)は地面に近いところで食べています。

 

もう1匹の方(名前ちょび)は高い位置に餌入れが付いています。

ちょびの餌の位置

 

スポンサーリンク

猫の食べるときの姿勢と負担

ご飯を食べる時、床に近い場所で食べる姿勢に負担があるのではないかと言われているそうです。

もしかしてこの辺に改善の糸口があるかもしれません。

 

食べる時の悪い姿勢

  • 首が背骨よりも下がっている
     
  • 頭を下におろして食べる
     
  • その頭と首を下におろしたまま食事を飲み込む
     
  • 前かがみの姿勢で関節に負担が掛かる

 

まさに悪い食べ方をしています!

 

食器に高さがあることで、良いこと

  • よくある猫の「ご飯の吐き戻し」が少なくなる
     
  • 関節への負担を軽減できる
     
  • 猫がうっかりぶつかってこぼしてしまうことも少ない

 

「吐き戻しが少なくなる」いい条件に入ってました!!

 

 

と言うことで、食器を変えてみた

よくちょびの水を飲んでいるのをみます。その高さがきっと飲み食いしやすいんだろうと言うことで、餌入れも水飲み入れも変えました。

 

餌入れと水入れ

餌入れ

お猫様マーク餌入れ

肉球とお猫様マークの餌入れです。アマゾンで買いました。

 

 
 
 
水入れもあります!
 
斜めになっているものも食べやすそうですね。
 
 
高さがあり、さらに斜めの食器もありました。
 
 
 
 
 
食器を変えてから4ヶ月。今の所吐き戻しも少なくいい感じです。
 
 

スポンサーリンク

フードでもできる吐き戻し予防

調べていたら、ご飯でも吐き戻し予防ができるようです。

キャットフード食べ比べ.com引用文

脂質の量は適正か

脂質は成猫で15~20%程度が適正と言われていますが、やはり年齢やその子の体質によっては多すぎることもあります。10~20%の間で少しずつ脂質の少ないものに切り替えてあげると吐き戻しが収まることがあります。

アレルゲンが少ないものを選ぶ

ご飯を食べた後に定期的に吐き出すようなら、食物アレルギーの可能性があります。特に穀物類は猫にとって消化が難しく、アレルゲンになりやすい食材です。

カナガンやナチュラルチョイスのように「グレインフリー(こ穀物不使用)」のものを選ぶか、ロイヤルカナンやサイエンスダイエットが出しているようなたんぱく質を予め消化しやすくしてあるフードのどちらかを選びます。

肉材料を沢山使った高たんぱくなフードを選ぶ

高品質な肉材料を使った高たんぱくなフードをあげることで、消化・吸収が早く、食べながら満腹感を得られるので必要以上に食べなくなります。その為、がっついた後にお腹の中で膨らんで吐き出すことが減ります。

 

 

おすすめフードベスト3

 

第1位

 

第2位

 

第3位

 

↓フードに関する記事です↓

 

まとめ

あれだけしょっちゅう吐いていたのに、ぱたっとなくなったので、食べる姿勢って結構大切なんだなって思いました。

ほんのすこしの変化でこれだけ変わるのだから、吐き戻しで困っている方は、食べる時の姿勢見直してみてはいかがでしょうか!

 

最後まで読んでいてできありがとうございます!!

スポンサーリンク

-飼い猫情報
-

Copyright© ごっととブログ【SASUKE出場を目指すお父さんのブログ】 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.