Twitterフォローお願いします!

ボルダリング初心者がうまく登るコツ|最初はこの2つだけ意識すればいい!

Pocket

ボルダリング壁

ボルダリングを始めたけれど、うまく登れるコツってないのかな?

始めた頃はこんな気持ちになりますよね。

おそらく、腕がすぐに疲れて登りきれなかったなんて事、多いんじゃないかと思います。

最初はごっとともそうでしたが、この動きを意識して登るようにしました。

腕の疲れ具合も、登れる成功率も、意識したのとしていないのとでは全然違いましたので、ぜひ参考にしてもらいたいと思います!

 

 

スポンサーリンク

 

 

手で登るんじゃない!足で登るんだ!

ごっととが最初にジムの人に教えてもらった事です!

壁を登るといったら、腕を使って体を持ち上げ、登って行くと思います。

そうすると、腕の疲労がすぐにきてしまい、最後まで登れなかったり、登れる回数も少なくなってしまいます。

ではどうしたら良いか・・・。

 

ボルダリングは、腕は体を支えるだけ。足で登るんです!

 

最初はなかなか感覚がわからず、難しいかもしれません。

そんな時は、動きの順番を覚えましょう。

 

初心者の方はどうしても、腕(手)を先に動かしてしまいます。

具体的にいうと、先にホールドを掴みにいってから足を次の場所にかけに行く。と言った動きです。

この動きだと腕の力で体を引き上げてしまっています。

これでは、当然ながら腕がすぐに疲れてしまいます。

 

足 → 手 この動きを常に意識!

登る際には、腕に疲れを溜めないよう登ることが大切です。

そのための登る動きとしては、手を先に動かすのではなく、足から動かし始めます。

足 → 手 この動きを常に意識しましょう!

足を先にホールドにかけ、ホールドを蹴り上げるよう力を入れ、次のホールドを掴みにいきます。

 

 

スポンサーリンク

 

 

止まっている時の姿勢も重要!

止まって次のホールドを探していてそのうち疲れてしまった!なんてことも多いのではないかと思います。

実は止まっている時の姿勢も正しく直さないと、ホールドにしがみつきどんどん腕の力が削られて言ってしまいます。

 

腕を伸ばして腰を落とす

この、腕を伸ばして腰を落とす。という姿勢が止まっている時の基本の姿勢になります。

腰を落として目線を下にやるとより効果が増します!

 

 

 

 

 

まとめ

動く時の動かしかたの意識と、止まっている時の姿勢の意識

この2つの意識を持ってボルダリングに挑めば、以前よりは間違いなく上達するはずです!!

 

今回は以上になります!

今回も最後まで読んでいてできありがとうございます。

スポンサーリンク

Pocket