スポンサーリンク



ボルダリング

ボルダリングとは?どんなことやるスポーツなの?

更新日:

ボルダリング ジム

 

手軽に始められることから人気の高いボルダリング

でも、ボルダリングってただ壁を登るだけじゃないの?実際はどんなことやるスポーツなの?

これからやってみようかと思う方はこんな疑問を持つと思います。

壁を登るは登るんですが、実際にはどんな風に登るのかを書いていきたいと思いますので、ぜひ最後まで見てください!

 

 

スポンサーリンク

 

 

スポンサーリンク

ボルダリングとは?

ボルダリングとは、皆さんが持っているイメージの通り壁を登るんですが、壁を登るといえば「クライミング」というスポーツを思い浮かべると思いますが、「ボルダリング」は「クライミング」の中の1つなんです。

カテゴリーでは「フリークライミング」の中の1つです。(クライミングの種類についてはこちらで詳しく書いています。

フリークライミングの中の1つ

フリークライミング」とは道具やものに頼らず、自身の力のみで登っていくクライミング競技になります。「フリー」とは自由にという意味ではなく、何も使わずにという意味なのですね。

ボルダリングはフリークライミングの1つなので、道具は使わずに、比較的低い壁を落下防止用のロープなどもつけずに登っていく競技を言います。

落下防止用のロープなどをつけて登るものは「ルートクライミング」と言い、「フリークライミング」はこの2つに分けられます。

2つの違いは落下防止用のロープなどをつけているか、つけていないかというところであり、前の文章で出てきた「低い壁を登る」と言う、壁の高さでは区別はつけません。

まとめると、落下防止用のロープなどをつけずに、自分自身の力で壁を登っていく競技のことを
ボルダリングと言うんですね。野外や室内の区別はありません。どちらでやってもボルダリングです。

道具は使わない、自分自身と靴が最低限あればできてしまうことから、「手軽に始められる」と言われるようになったんですね。

 

スポンサーリンク

ボルダリングの登り方

ボルダリング ジム

ふわちょが通っているジムです。

こんな感じで壁に突起物(ホールドと言います)がたくさんついています。

登り方はこのホールドを掴んで登っていくんですが、自由に登っていくわけではないんです。

それぞれの場所に、スタートとゴールがあって決められたルートで登っていきます。

登っていく際に、手は決められた所を掴まなければならないけれど、足は自由にどこを使ってもいいと言うバージョンと、手も足も決められた所を使っていくと言うバージョンで登ります。

それぞれに難易度はあるのですが、手も足も決められた場所を使うと言う方が、やはり難しいですね。

ふわちょ ボルダリング

 

ふわちょ ボルダリング

 

 

スポンサーリンク

 

 

難易度が上がると

まっすぐな壁よりも、斜めになった壁の方が体を支える力が必要な分、やはり難しいですし、まっすぐな壁でも難易度の高いコースは、ホールド自体が小さく指しかかけられなくなり、その状態で体を支えなければならないので、さらに難しくなります。

最初は登れなくても、何回か通ううちに登れるようになると、それがかなりの達成感になりおもしろくなっていきます。

 

子供は?

お子さんがやって見たいと言う方もいると思いますが、意外に子供の方が大人が登れなかったような場所でも登っていってしまいます力と体重のバランスがいいみたいです。

息子

お子さんがやりたいと言っているが、まだできないんじゃ?なんて思っている方も、やらせてみれば案外平気で登っていってしまうかもしれませんよ。

 

 

ボルダリング

 

スポンサーリンク

まとめ

ボルダリングは、道具やものを使わずに、壁についている突起物(ホールド)決められたルートで、決められた登り方で登っていく競技なんですね。

ジムによっては内容が違うところもあるかもしれませんが、参考にしてもらえたらと思います。

 

 

スポンサーリンク

-ボルダリング
-

Copyright© ふわちょブログ【SASUKE出場を目指すお父さんのブログ】 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.