Twitterフォローお願いします!

SASUKE2018 2nd STAGE エリア紹介

2018年5月17日

Pocket

リングスライダー

2018年3月26日に放送されました

SASUKE2018

 

1st STAGEと3rd STAGEに新エリアがあることはごっととの記事でも紹介しましたが、

1st STAGE新エリア3rd STAGE新エリア ←新エリア紹介はこちら!

新エリアが発表されたことで各STAGEの各エリアますます難易度を増してきました。

そこで今回は2nd STAGEの各エリアの紹介をしていきたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

 

 

2nd  STAGE 紹介

セカンドステージは元祖スピードステージ

となると、SASUKE2018はファースト、セカンドともスピードステージということですね!

2nd STAGEは画像が少ないのでイメージしにくいとは思いますが、できるだけ伝わるように書けるようにします。

わかりにくかったらごめんなさい汗

 

第1エリア  リングスライダー

 

リングスライダー

第1エリアは「リングスライダー」

KUNOICHI「ワイヤーウォーク」の手だけバージョン。ワイヤーにリングが通っていて、リングについているパイプを掴んで宙吊りで、ワイヤーを滑り進んでいく。

途中にクリップがあり、リングを浮かしクリップを避けないと先に進めないので、その作業に戸惑っていると大幅にタイムロスをするだけではなく、腕が疲れてきてしまう。

  
次のエリアはアイツなので、タイムロスと腕の疲れは最小限にしたいところ。

 

第2エリア サーモンラダー上り サーモンラダー下り

 
第2エリアは「サーモンラダー上り」「サーモンラダー下り」

息子言わく「初見殺しのサーモンラダー」だそうです。

 
垂直にあるフックにバーを引っ掛けて登っていく。イメージとしては物干し台ですね。竿竹が物干し台に引っかかっている感じです。

そのバーに腕だけでぶら下がり、1つ上のフックに上げていくんです。

そして下りはその逆!1つ下に下げていかなくてはいけません。下りは衝撃が大きいのでうまく下がれても、落水してしまう危険があります。

 

A.B.C-Zの塚ちゃんこと塚田僚一さんがジャニーズの稽古場に、自費で似た物を作って練習していたのが印象的ですね。

自宅にセットを作る人はほぼ作っているんじゃないかというほどのものです。

A.B.C-Z塚ちゃんとSnow Man 岩本照さん

サーモンラダーには結構歴史があり、息子が教えてくれました。

   
初代サーモンラダー。7段のフックを登っていき、最後を登ると次のエリアのスティックスライダーにつながっている。

ダブルサーモンラダー。上まで登っていき、バーごと隣に飛び移る。

スワップサーモンラダー。交互に飛び移り登っていく。

言葉では伝わりにくいとは思いますが、とにかくめちゃくちゃ難しいこと間違いなしです!!

 

 

第3エリア スパイダーウォーク

 
第3エリアは「スパイダーウォーク」

2つの向かい合った壁を手足だけで張り付いて進んでいく。まさにスパイダーですね!

ウルさんタイファイター

これはタイファイターですが、この形で進んでいくわけですね。

手と足の力加減を間違うと一気にバランスを崩してしまうという、難関コースです!

 

第4エリア スパイダードロップ

第4エリアは「スパイダードロップ」

スパイダーウォークとつながっていて、スパイダーウォークの形で真下に降りていく。真下に降りる分滑ったりなどの危険性があるエリアです。

基本的にはスパイダーウォークと同じですね。

 

 

スポンサーリンク

 

第5エリア バックストリーム

 

第5エリアは「バックストリーム」

ここは水のエリアで、水がかなり強く逆流しているところを泳いでこえていきます。

かなりの力みたいで、なかなか前に進みません。そうしているうちに時間と体力を奪われてしまいます。

ウルさんや日置さんが練習ですが似たような設備で練習をしていました。

ウルさんのユーチューブからです。

 

 

第6エリア リバースコンベア

第6エリアは「リバースコンベア」

 

コンベアを逆走していくエリアです。逆走といっても、四つん這いの格好での逆走です。

前のエリアで体が濡れているので、滑りやすくなってもいますので、さらに進みにくくなっています。

 

第7エリア ウォールリフティング

第7エリアは「ウォールリフティング」

30Kg、40Kg、50Kgの壁をあげるシンプルなエリアですが、ここまで使ってきた体力で残り時間との勝負もありますから、きついのは目に見えていますね!

 

ここをクリアすればその先は・・・。

 

2nd STAGE  ゴール

ここまでで、2nd STAGEのエリアは終わりで、ゴールです。

 
2nd STAGEはスピードコースなので、いかに1つ1つのエリアに時間をかけずにいくかが勝負なんじゃないかと思います。

 

SASUKE2018では8人の方がここまでたどり着き、5人の方がクリアしました!

 

 

 

1st STAGEの紹介はこちらから!

3rd STAGEの紹介はこちらから!

新エリア「ドラゴングライダー」

新エリア「プラネットブリッジ」

 

まとめ

セカンドステージ、スピード感あふれるステージです!

SASUKE2018のセカンドステージはやはり川口さんが印象的でしたね。危なかった・・・。

そんなSASUKE2018の結果などはこちらからです!!

SASUKE NINJA WARRIOR 2018 結果は!?3年ぶりのファイナル進出者は!?完全制覇は!?

スポンサーリンク

Pocket