Twitterフォローお願いします!

SASUKE2018 1st STAGE 各エリア紹介!!

2018年5月17日

SASUKE公式HP引用

 

2018年3月26日に放送されました

SASUKE2018

 

1st STAGEと3rd STAGEに新エリアがあることはごっととの記事でも紹介しましたが、

1st STAGE新エリア3rd STAGE新エリア ←新エリア紹介はこちら!

新エリアが発表されたことで各STAGEの各エリアますます難易度を増してきました。

そこで今回は1st STAGEの各エリアの紹介をしていきたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

超難関!最強!!1st STAGE 

START地点

START地点です。ここに立つことができたらどんな気分なんですかね。緊張でそれどころじゃないかな汗

それより、ファーストステージは今回のSASUKE2018より大きな変更がありました!

それは、制限時間です!

ここ10年、1stステージはエリア数が増え平均時間が120秒だったのですが、

 

  • 第31回大会 8エリア 120秒
  • 第32回大会 9エリア 115秒
  • 第33回大会 9エリア 128秒
  • 第34回大会 9エリア 123秒

 

でも、今回は『制限時間85秒』という、前回よりも38秒も短く、かなりのスピードを要することになりました。

超スピードステージと成り代わっています!

確かな技術とスピードが要求される1stステージはまさに最強です!!

 

 

史上最凶!新エリア加えたファーストステージ!!

 
今回のファーストステージにはいろんな文字の「サイキョウ」が使われるほど難易度が高いコースになっています。

それではエリアの紹介をしていきます。

 

第1エリア クワッドステップス

クワッドステップス

第1エリアは「クワッドステップス」

幅90㎝の斜めの足場を飛び移りながら進んでいくエリアです。

実力者の方々は軽々と超えていくので一見簡単に見えますが、実は気をぬくと踏み外して落水の危険があります。

 
SASUKE2017秋で実力者で俳優の森渉(もりわたる)さんがまさかの落水!まさに油断できないエリアです。

森渉 金田朋子

ちなみに森渉さんの奥さんは「おしりかじり虫」の声優で有名な「金田朋子」さんです。

 

 

第2エリア ローリングヒル

ローリングヒル

第2エリアは「ローリングヒル」

回る足場に飛び移り、登って、降りて、次のエリアに飛びうつるエリアです。

これも実力者の方は簡単に通っていきますが、回らないように進むコツでもあるのでしょうか?

逆に1度回ってしまうと立て直しか効かなくなり、一気に落水してしまいます。

 
なんと、SASUKE史上ただ1人、2度完全制覇した「漆原裕治」ことウルさんもこのローリングヒルで落水したことがあります!

まさに1度回ってしまうと・・・なんです。

漆原 裕治

ウルさんかっこいい!!

 

 

第3エリア タイファイター

タイファイター

第3エリアは「タイファイター」

足場のないゴンドラに張り付いて、2度の衝撃に耐えて進んでいくエリアです。

 
ちなみにこの「タイファイター」という名前は、あのスターウォーズの帝国軍の乗り物から付いたそうです。

形も似ています。

ウルさんタイファイター
アマゾン画像引用

まさにの形です!

 

タイファイター

2度の衝撃というのは、スタートの時に落下してスタートして、途中の段差でさらに落下します。結構な衝撃の落下なので、支えきれずに落水する人が多くいます。

「コング高橋」さんが苦手としているエリアですね。

コング高橋

「コング高橋」に対抗して「エイプ(自分の名前)」と呼ばれたいなと思ったごっととでした笑

ちなみにコング高橋さんはコングエクスプレスの社長さんです。

 

 

スポンサーリンク

第4エリア フィッシュボーン

フィッシュボーン

第4エリアは「フィッシュボーン」

バーがくるくる回っている間を、直径30㎝の足場の上を渡っていくエリアです。

SASUKE2018の新エリアとして登場。元はSASUKEの女性版「KUNOICHI」にあったエリアです。

  
スタートするタイミングがあるらしく、実力者の方々はそれを把握していて、軽々クリアしていきます。

 
あの「サスケくん」こと森本祐介さんも、初挑戦は落水寸前でした。

ホームセンターにある商品を足場に見立ててイメージトレーニングをしてきたSASUKE2018秋では、難なくクリアしていました。

森本 完全制覇の瞬間

 

第5エリア 新エリアドラゴングライダー

 

そしてお待ちかねの新エリア!「ドラゴングライダー」です。

「ダブルペンダラム」の位置に設置されたということですにで、この第5エリアで登場しました。

 

何人挑戦して、どんな結果になったのか!
詳しくはこちらから→SASUKE2018 新エリアついにお披露目!その名は「ドラゴングライダー」

この新エリア、史上最凶という言葉が付いてしまうくらいものすごいエリアになりました。

 

 

第6エリア タックル

タックル

第6エリアは「タックル」

タックル全体

12mの距離を240㎏、300㎏、320㎏、合計860㎏の重さをひたすら押していくというエリア。

難しさはありませんが、860㎏を押していくわけですから、足の負荷がものすごくなります。

なにせ次のエリアがあの誰もが知るエリアですから、そこに負荷を連れていくのは、かなり厳しいですよね。

 

最終エリア そり立つ壁

そり立つ壁

第7エリアはみなさんご存知の「そり立つ壁」です。

ここまで来るのに使った体力と、1つ前のタックルで得た足の負荷と、身体的にきつい状態でのそり立つ壁です。

そり立つ壁だけならクリアできる人は、もしかしたらいるかもしれませんが、やはりここまでエリアをクリアして来るのに使った体力が半端ないわけですから、かなり難しいのだと思います。

壁の高さも年々上がっているそうです。(息子調べ)

 

ゴール!!!!

 

全てのエリアをクリアした人だけが、その景色を目にすることができる「ゴール」地点からの眺め!

SASUKE2018 ファースステージクリア者はなんと8人

8人の人がその景色を見ることができたのですね!

 

今回は最後まで見ていただきありがとうございます!

2nd STAGE3rdSTAGEも書いていきたいと思いますのでよかったら読んでください!

息子とSASUKE出場を夢見るごっととでした!

 

SASUKE2018 詳しい結果はこちらから!

 

SASUKE NINJA WARRIOR 2018 結果は!?3年ぶりのファイナル進出者は!?完全制覇は!?

スポンサーリンク