Twitterフォローお願いします!

ダイエット!5つの決まりを守って深夜に食事をしてもやせ体質になる方法!!!

2018年4月14日

Pocket

肉・魚・卵

理想の体に近づけるためには、脂肪を燃やせる代謝のいい体になることが重要です。

そして、代謝を行うためには、アミノ酸・ビタミン・ミネラルなどの様々な栄養が必要です。

そういった栄養を取るために、次の5つの決まりを守りましょう!

  1. 1日に2回は、肉、魚、卵などの、メインのおかずを食べる!
  2. 汁物をできるだけ毎食とる!
  3. お米を食べる!
  4. 果物、発酵食品を食べる!
  5. 豆製品を食べる!

「そんなの無理だよ!」と思うかもしれませんが、これは自炊をしなければならないわけではなく、買ってきたり外食したりする場合でもいい内容なのです!

それではこの5つの約束を具体的に書いていきますので最後まで読んでみてください!

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

深夜ごはんでもやせ体質になる5つの約束!!

 

約束1 1日に2回は、肉・魚・卵などのメインのおかずでタンパク質を!

 

肉・魚・卵

 

肉・魚・卵など、メインのおかずからは、タンパク質を摂ること。
できれば1日に2回食べることが理想ですね。

タンパク質はお肌や筋肉はもちろん、内臓や骨など、体の元をつくるための大切な栄養素です。

毎日、お昼は「カップ焼きそばと菓子パンと缶コーヒー」といった組み合わせばかり食べているという方は、タンパク質不足になっているかもしれません。

だいたい両手のひら分くらいのタンパク質が1日の目安です。

でも、肉だけ、魚だけ、卵だけになってしまうのはNGです!

1週間の中で、肉・魚・卵などいろいろな種類でとりましょう!!

 

肉の選び方

痩せたいと思うと、最初に肉を敬遠してしまいます。

確かに!脂身の部分は控えた方がいいですが、赤身の肉には、鉄分が多く、また「L-カルニチン」という、脂肪の代謝をサポートする成分が含まれています。

その量は羊が1番多く、牛、豚の順で続き、鶏にはあまり含まれていません。「ダイエット中は鶏のササミ」と思われがちですが、選ぶなら、羊・牛・豚でしょう!

ジンギスカンや焼肉、シチューや角煮は、最高の味方メニューになりそうですね!!

 

魚の選び方と卵

魚を選ぶとき、これはすごく簡単です!ズバリ旬のものを選んでください!

なぜなら、季節に必要な栄養が旬の魚にはたくさん含まれているんです。旬には意味があったんですね。

魚だけでなく。エビやカニ、カキなどの魚介類も同じです、

卵は調理法が簡単ですぐ食べられるので、手軽にタンパク質をとることができ、家で食べるなら生で卵かけご飯でいいし、外食ならオムライスでOK!コンビニで売っているゆで卵も活用できます!

 

 

約束2 汁物をできるだけ毎食とりましょう!

 

汁物

深夜ごはんになってしまっても、必ず汁物をつけましょう。ごっととは毎食飲んでます。

汁物を進める理由は水分とミネラルがしっかりとれるからです!

ただ水をそのまま飲むのと違って、食事の中でとる水分は、体を冷やしにくいんです。

また、メインのおかずやごはんを食べる前に2〜3口汁物をとっておくと、胃腸も温まり後に食べるものを消化しやすくしてくれます

大変なときはインスタントでもかまいません。できるだけ毎食食べることを心がけていきましょう!!

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

約束3 主食にお米を食べましょう!

 

主食にお米

できるだけお米を主食に食べましょう!

なぜなら、他の主食に比べて、血糖値が急上昇しにくい食品です。さまざまな炭水化物の中で、最もダイエットに向いているのはお米なのです

お米を主食にすると、必然的におかずの組み合わせがうまくできます。肉・魚・卵のメインに、漬物や梅干、塩辛やキムチなどを足せば、野菜、発酵食品をプラスできて、理想的なメニューになります。

日本人は、ここ60年くらいで、お米を食べる量が半分以下になりました。そしてメタボ人口が激増しています。ということはお米に罪はないということです。

炭水化物を減らす糖質制限ダイエットなどがはやったおかげで「ダイエットするならお米を抜かなきゃ」と思っている人が増えてしまいました!

ご飯をしっかり食べるようにすると、理想の体型に近ずきます!

 

 

約束4 果物を食べましょう!

 

果物

 

果物を食べるようにお勧めする理由は、やせ体質になるために絶対必要な、抗酸化成分(ファイトケミカル)がとれるからです。

人間の体は、日々活性酸素などによって、少しずつ酸化しています。
これが「エイジング(老化)」の原因です。

そして、活性酸素が増えると、体の中の代謝が悪くなり、脂肪の酸化やタンパク質の糖化を招き、太りやすくなってしまい、それに対抗するのが抗酸化成分です。

水分やビタミン、ミネラル、そして自然な糖分が含まれているので、朝食や間食にとるのが理想ですね!

発酵食品を食べよう!

発酵食品なら、日本人が昔から食べている漬物、納豆、味噌や、お隣の韓国のキムチなど、植物性の発酵食品がオススメです!

これらの発酵食品には、腸内環境を健康な状態に保つ乳酸菌などが含まれているので、ダイエット中の方にはやはり必須です!

漬物は、生ものですが発酵したり、塩分が加えられているので、体を冷やしません。

ダイエットのためにも発酵食品をしっかり食べて、腸内環境を整えることが大切です。

 

 

 

 

 

 

 

 

約束5 豆製品を食べよう!

 

豆類

 

深夜ごはんになっても、意識して豆類はとりましょう。

女性なら、特に大豆製品をできるだけ毎日とるようにしましょう。
大豆には女性ホルモンと同じような構造を持つと言われる、大豆イソフラボンが含まれています

豆類は、タンパク質も含み、ビタミン、ミネラル、食物繊維も豊富なので、大豆に限らず、小豆やひよこ豆、レンズ豆、黒豆など、いろいろな豆を食べるようにするとさらに効果的です。

豆類はメインのおかずにならないことも多いので、忘れがちですが、できるだけ毎日食べましょう。

ごっととも毎朝、納豆を食べています!!

 

 

 

まとめ

約束は5つと多いですが、意識して食べるようにすればできないことはありません!

外食の際は逆にこちらが好きなものを選んで作ってくれる訳だから、約束の5つを頭に入れておいて、忘れそうならば、いつでもこの投稿を見てもらって、実践できるようにして行きましょう!!

 

 

スポンサーリンク

Pocket