Twitterフォローお願いします!

SASUKE 完全制覇!|偉業を成し遂げた4人の男!!

2018年5月21日

Pocket

 
SASUKE

「SASUKE」に出場した人が必ず目標にするもの、出場した人が成し遂げたいもの、それはやはり「完全制覇」です。

そんな完全制覇ですがSASUKE20年の歴史の中で、達成できた人はたったの4人

達成回数は5回

そもそもファイナルにたどり着いた方の人数は25人

 

  
それほど完全制覇というものは、けわしく長い道のりなんです。

今回はSASUKE20年の歴史の中で、完全制覇することのできた4人を紹介したいと思います。

 

 

スポンサーリンク

 

4人の完全制覇者!!

 

まずは1人目

秋山和彦

 

第4回大会(1999年)で完全制覇達成!ゼッケン86

SASUKE史上、初の完全制覇者

 

1996年、筋肉番付内で行われた『クイックマッスル全国選手権』に出場し、腕立て伏せ307回という大会最高記録を出すものの、山田勝己に敗れて準決勝敗退。

SASUKEには、1998年秋の第2回大会から出場(当時25歳)ゼッケン100

目が悪いというハンデを抱えながらも、1999年秋の第4回で史上初の完全制覇を達成!ゼッケン86。

その後、17回大会まで完全制覇者はでず、7年間唯一の完全制覇者だった。

総合演出の乾雅人さんも「過去に1番印象に残っているシーン」とこの完全制覇をあげています。

 

SASUKE通算成績

  • 出場回数 20回
     
  • 2nd進出 6回
     
  • 3rd進出 3回
     
  • FINAL進出 1回
     
  • 最優秀成績 1回

 

 

あだ名は「毛ガニの秋山」

毎回1st STAGEのスタート地点で毛ガニを抱えているのが印象的。

ただ第6回大会のみ毛ガニを抱えてはいませんでした。

その鍛え抜かれた肉体で、「背中はまるで渡りガニ状態」と揶揄されるほど。

また、第2回〜第4回は「一人かに道楽」というあだ名で呼ばれている。

 

長野誠の完全制覇で引退を決意。

「SASUKEのチャンピオンはもう僕じゃなくて長野です。自分がした完全制覇は完全に過去のものだと思っています。」

という言葉を残しつつ、その後も何度かSASUKEには出場しています。

 

25回のそり立つ壁でのリタイアで「そり立つ壁は人生の壁です」と言って、その後の出場はありませんでした。

 

 

 

そして2人目

長野 誠

第17回大会(2006年)で完全制覇達成!ゼッケン99

SASUKE史上2人目の完全制覇者!我が子たちのヒーロー!!finalステージ5回出場!

 

1年の300日以上を海の上で過ごす漁師。ご存知「金比羅丸 船長」

番組側からは「史上最強の漁師」と言われている。

 

職場の仲間が見せてくれたビデオによってSASUKEの存在を知り、山田勝己に憧れ、SASUKE出場を決心。

漁船の自室に家族の写真と並べて山田の写真を貼り、山田同様失敗したエリアのセットを自宅に作って練習したことから、「第2の山田」と呼ばれました。

 

SASUKEには2001年春の第7回大会に初出場(当時29歳)ゼッケン87

 

その後は第11-13回まで3大会連続でFINALに進出するなど驚異的な記録を残し、2006年秋の第17回に史上2人目の完全制覇を達成。

 

SASUKE通算成績

  • 出場回数 26回
     
  • 2nd進出 14回
     
  • 3rd進出 11回
     
  • FINAL進出 5回
     
  • 最優秀成績 8回

 

スポーツ経験は特になかったというが、「基礎体力測定」の結果、オリンピックアスリート並の身体能力を持っていることが判明!

番組が世界に広がるに連れてその立役者でもある長野の名前も世界に知れ渡り、彼に憧れてSASUKEの世界に足を踏み入れるものも後を絶たない。

35回大会出場のアメリカ海軍パイロット、ピート・フォーブスさんの海軍基地の部屋にも長野誠のポスターが飾ってあります。

ついに海軍基地にまで長野誠のポスターが!

そのため、各所で「レジェンド」、「生ける伝説」などとも呼ばれいます。

 

SASUKEオールスターズの1人で第32回大会で引退

 

現在はSASUKEの実況で出演していて、選手たちに熱いエールを送っている。

応援した選手が成功した時、自分のことのように喜ぶ姿が印象的。

 

プライベートではツイッターをやっていて、ツイートがとても楽しみ!

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

3人目

漆原 裕治

 

第24回大会(2010年)ゼッケン93、第27回大会(2011年)ゼッケン99の2大会で完全制覇SASUKE史上たった一人の2回完全制覇者!!

ごっととが第34回大会で注目選手にあげていた人!finalsyステージ3回出場!

「新世代のリーダー」と呼ばれ、SASUKEには第21回大会で初出場。ゼッケン72。

初出場ながらその名前は山田も知るくらいで、山田がアドバイスを送るほど一目をおいていた。

 

SASUKE通算成績

  • 出場回数 15回
     
  • 2nd進出 9回
     
  • 3rd進出 4回
     
  • FINAL進出 3回
     
  • 最優秀成績 4回

(2018年 第35回大会終了時)

 

 

2度完全制覇をするものの、第31回大会から第33回大会までファーストステージがクリアできず。

その成績に「不甲斐ない、2度の完全制覇をした男がこれ以上かっこ悪い姿は見せられない」と第34回大会ではファーストステージクリアならなかったら「引退」することを決意!

仲間の応援あって感動のファーストステージクリアを成し遂げ「引退」は避けられた。

   

SASUKEはもちろん、現在はユーチューバーとしても、SASUKE仲間とたくさんアップしている

いつも非常に楽しみにしているが中でもオロナミンCの一気飲みの動画はかなり面白かった!

 

 

4人目

森本 祐介

 

第31回大会(2015年)で完全制覇達成!ゼッケン91

SASUKE史上4人目の完全制覇者

 

7歳の頃に初めて見たSASUKEの第3回大会に心を奪われ、以来SASUKE出場を熱望。

中学校・高校時代は部活に入らず、帰れば角材にぶら下がっていたと言うくらい、SASUKEの練習一筋でトレーニングを続けてきた。

 

SASUKE通算成績

  • 出場回数 11回
     
  • 2nd進出 7回
     
  • 3rd進出 5回
     
  • FINAL進出 2回
     
  • 最優秀成績 4回

    (2018年 第35回大会終了時)

 

 

SASUKEには第18回大会で初出場。ゼッケン91。

学生時代はクライミングジムでアルバイトを兼ねてトレーニングをしていて、そのジムの常連から「サスケ君」というニックネームをつけられた。

高知大学大学院卒業。うんてい日本記録保持者でもある(425m)。

息子が中学3年生でのSASUKE出場を目指しているのは、このサスケ君こと森本の初出場が中学3年だったからです。でも、中1からの出場を狙いますよ!

 

実は運動は苦手で体育の成績はあまり良くないようです。

それでも完全制覇できるんだと、運動が苦手な人たちの励みになればと話していました。

大学院を卒業するだけあり、SASUKEもその頭脳で、クリアし続ける。

 

 

 

以上が完全制覇を増し遂げた4人になります!

 

まとめ

20年もの歴史の中で5回しか達成できていない完全制覇!

ファイナル自体が難しいということもありますが、そこまでの道のりもかなり険しい!!

 

道のりが険しいからこそ、達成した時の喜びは想像のつかないものですね!

スポンサーリンク

Pocket

SASUKE

Posted by gottoto