Twitterフォローお願いします!

猫トイレどれがいいかな?|おしゃれな物から自動の物まで ランキング紹介します!

Pocket

トイレ眺めるちょび

飼い猫のおトイレ、種類がたくさんあってどれにしたらいいか迷いますよね。

実際は飼い猫との相性もあるから、使ってみないとわからないということもありますが、みんなが使っている物は、使われているだけいいものなのでしょうから、参考になりますよね!

ということで、今回はみんなによく使われているおトイレをランキングで紹介していきます。

ぜひ、参考にしてください!

 

 

スポンサーリンク

 

 

理想的なトイレ

  1. 大きさが頭からお尻までの1.5倍以上の大きさ
  2. 深すぎず浅すぎない
  3. オープンタイプ
  4. 入口が低い
  5. 洗いやすい

あくまで理想なので、飼い猫さんと相談の上決めてください(笑)

ごっととはオープンよりもカバーがあった方が、砂が飛び散らなくていいと思います。

猫トイレの種類

猫のトイレには大きく分けて3種類あり、1つ1つに実は意味があるので飼い猫さんに合ったトイレを選んでください!

子猫向け 箱型

子猫には入りやすさが必要なので、どこからでも入れるトイレがオススメです。

ですが箱型なのでオープンタイプです。砂が飛び散りやすいので成猫にはおすすめできません!

 

ドーム型

うちのふわりが使っているタイプですね。

カバーが付いているので、砂の飛び散りが少ないです。

ただ、入口が狭くなり一方行からしか入れません。問題はないですけどね。

 

ハーフドーム型

ハーフドームというように、一部だけドームになっています。

箱型とドーム型の間のような感じですかね。

入りやすくさらに砂が外に飛び散らないような仕組みにはなっていますが、それでも外に出る量は少なくはありません。

 

上から型

 

最近は上からという物もあります。

飛び散りがさらになくなりそうですね。

 

特殊型

 

 

猫が用を足してから約20分後に自動的に排泄物を取り除く、全自動猫トイレに専用カバーのついたタイプです。

ハイテクで楽ですが、値が張りすぎます(汗)余裕のある方はどうぞ。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

売れ筋ランキング!最も人気のあるTOP10!!

では、TOP10を紹介します!月の終わりに更新していきます!

 

第1位

 

 

第2位 

 

 
 

第3位

 

 

4位

 

 

5位

 

 

6位

 

 
 

7位

 

 
 

8位

 

 
 

9位

 

 
 

10位

 

 
 
 
 

まとめ

飼い猫の性格、使いやすさ。部屋とのマッチ感、匂いが少ない。1匹、多頭飼い。

用途に合わせて、最適なものを、画像だけじゃ難しい時もありますが、よく吟味してきめられたらいいと思います!

今回も最後まで読んでくれてありがとうございます!

参考になりましたらシェアお願いします!!

 

スポンサーリンク

Pocket